本日、ご紹介いたしますのは「オルトフォン MC/MMフォノイコライザー EQA-555 ortofon」です。

bk_winwin-img600x450-1482819068jy6cls26588

「オルトフォン/ORTPFON」

フォノイコライザーは、簡単に言うとアナログレコードなどの音源を、スピーカーなどの機器から聞きたいときに、プレイヤーとパワーアンプの間に接続してレコードプレーヤーから出る微弱な音の信号を波形に変換する機器です。 CDが復旧する前のレコードプレイヤー全盛期は、パワーアンプに内蔵されていることが多かったのですが、最近では製造段階でコストカットのために、パワーアンプからフォノイコライザーの機能が省かれている物が多いそうです。 ですから、アナログレコードを聴きたいオーディオファンやマニアの方には特にこうしたフォノイコライザーは人気があります。 新品で購入する場合は数万円はする製品が主流の高価な品ですので、中古市場でもとても人気があります。

こうしたオーディオ製品を少しでも高く売るポイントを3つご紹介いたします。

①売却を思い立ったら、早く売る!!……オーディオ製品は新しい製品が出たり、モデルチェンジすると価格が下がってしまう傾向があります。 思い立ったら、お早めに査定だけでもしてみると良いかもしれませんね!!

②清掃やお手入れをしてから、査定に出す!!……外観などもきれいなほうが好印象で査定価格が上がります。ほこりなどはきれいに取り除き、清掃しておきましょう。

③付属品も一緒にまとめて売却する!!……とり扱い説明書、ケーブル、リモコンなど購入時に一緒に入っていた物はなるべく揃えて査定してもらいましょう。そろっているほうが、高額査定につながりやすいです。

オーディオ機器のスピーカーやチューナー、ターンテーブルなどは、一般の電化製品と違って製造から長い年月がたっていても、買取できるものがたくさんありますので、ゴミとして処分する前に、一度査定に出してみてください。  使わなくなったスピーカーやオーディオも高価買取いたします。 店頭買取だけでなく、出張してお伺いする事も出来ますので、ぜひ、お気軽にお問合せください。 昔、購入されたオーディオ製品は大型で重いものがたくさんあるそうですね。 店頭まで運び込むことは困難とお考えの方のために担当者がお伺いいたします。査定金額を聞いてから、手放すことを決められても結構です。もちろん、査定料や出張費用はかかりません。即、現金買取いたします。安心してご相談ください。

そして、リサイクルショップ バイキング では、こうした品を次に大切に使っていただける方にお渡しするという事にも力を入れています。高額な処理費用がかかったり、なかなか処分に踏み切れない方も多いと聞きました。そういった方に満足していただける仕事をしていきたいと思っております。
リサイクルショップバイキングは、石川県・金沢市に1店舗、富山県富山市に2店舗、黒部市に一店舗ございます。

スタッフ一同、心よりお待ちしています。

リサイクルショップバイキング富山本店

リサイクルショップバイキング根塚店

リサイクルショップバイキング金沢本店

時間外のメールでのお問い合わせはこちら